専門的な動画を制作する1 企画

Pocket

専門的な内容の動画を制作する際、企画段階では、何をどうすべきかポイントを解説する。

  1. ターゲットと目的をはっきりさせる。
  2. 動画の基本構成を決める。
  3. 具体的に撮るべき項目の候補を挙げる。
  4. 候補を整理し、撮るべき動画を決める。
  5. 撮影場所、撮影日程を確定する。

企画のポイント

1. ターゲットと目的をはっきりさせる

まず、動画を見せるターゲットと目的を、はっきり言葉にし、動画制作に関わるすべてのスタッフに徹底する。ターゲットと目的は、動画制作中に迷いが生じたとき、立ち返るべき原点になる。

2.動画の基本構成を決める

映画館で映画を見るのと違い、専門的な内容の動画をパソコンで見るとなると、長時間見続けてくれるとは考えにくい。忙しいなか、隙間時間に見ることになるだろう。としたら、1本の動画にあれこれ内容を詰め込むのではなく、内容を細かいテーマに分け、1動画1テーマで、短い動画をいくつも制作するという方針がよいだろう。
また、動画の構成もパターン化すると、担当者による動画制作の差異が小さくなる。たとえば、トラブルシューティングであれば、トラブルの現場 => トラブルの原因 => 改善策 としておくと、観る方も見やすし、シナリオも書きやすい。

3.具体的に撮るべき項目の候補を挙げる

ここでは、予算や撮影条件などの制約をいっさい考えず、撮ってみたい項目を片っ端から挙げていく。動画制作をグループで行うのであれば、ブレーン・ストーミングをするとよい。その際、どんな奇怪なアイディアも否定せずに、候補とすること。そこからよりよいアイディアが生まれるかもしれない。

4.候補を整理し、撮るべきと動画を決める

3で挙げた撮りたい項目の候補から、重複を整理し、撮影困難なものを外し、撮るべき項目を絞り込んでいく。
項目が絞り込まれると、撮影場所が決まってくる。撮影場所は複数でもよいが、できるだけ、移動距離の短い範囲に収める。
移動距離が長かったり、移動回数が多かったりすると、撮影コストがかさむからだ。撮影コストについては後述するが、予算との兼ね合いで、撮影する項目を絞り込むこともある。
なお、グループならば、ここで、撮影する動画の担当者を決める。

5.撮影場所、撮影日程を確定する

撮影場所が決まったら、具体的にどの地点か決める。現場に行って探さなければならないのなら、予め、下見(ロケハン 注1)をして決めておく。許可がいるのであれば、事前に許可を取っておく。撮影当日に右往左往することのないように。

注1 ロケハンとはロケーションリハーサルのこと。撮影現場は手持ちのスマホ等で撮影し、他のスタッフや撮影クルーと共有する。

撮影場所が決まれば、撮影日が決まる。撮影は基本的に1日で行うべきだが、撮影場所が2か所以上で互いに離れている場合は、2日に分ける。同様に、1日で撮りきれない場合は、2日に分けるか、撮影クルーを2班投入し、複数の撮影を同時に進める。
いずれにしても、強行なスケジュールは禁物だ。

撮影コストの基本

プロの撮影クルーを使うと高いというイメージがあるが、彼らを適切に使えば、リーゾナブルな値段で、クオリティの高い動画が得られる。以下、デジタルエイドのパートナー会社の場合を例に、プロの適切な使い方を解説する。
撮影コストの大部分は人件費である。人件費は時給ではなく、半日拘束もしくは1日拘束という単位で計算する。よって、半日なり、1日の間で撮影し終えるようにすればよい。撮影コストがかさむのは、撮影時に、移動や変更などの余計な時間がかかるときである。
だから事前に、きちんと段取りしておくこと。撮影地点を予め確定しておくのもそのためである。
また、別稿で述べるように、しっかりとシナリオを作って、撮影クルーと共有するのも大事なことだ。
撮影現場で臨機応変に対応しようとすれば混乱したり、撮影が停滞して時間がかかり、結局、撮りなおしや延長ということになってしまう。そうなると、コストばかりでなく、納期も狂ってくる。

ところで、1日で撮り切れなければ延長料金時間を払って延長するということもできなくはないが、これは避けたほうがよい。
撮影は結構、神経を使う仕事なので、プロの撮影者といえども、集中力が切れてしまうからだ。
こうした理由から、2日に分けるか、2班投入という選択肢も考慮してほしい。

まとめ

専門的な動画を制作する場合、次の手順で企画しよう。

1.ターゲットと目的をはっきりさせる。
2.動画の基本構成を決める。
3.具体的に撮るべき項目の候補を挙げる。
4.候補を整理し、撮るべきと動画を決める。
5.撮影場所、撮影日程を確定する。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA